気象観測に用いる雨量計は、雨による災害の防止や監視に役立ちます。一般的には、天気予報や道路、鉄道の交通情報に活用されています。使用方法により、転倒ます型雨量計と貯水型雨量計があります。連続した雨量の測定には転倒ますを使ったタイプが適したいます。計器の内部に2つのますが上下反対に取り付けてあり、一定量の雨水が溜まるとますは反転して、一方は排水もう一方が起き上がり雨水を溜めはじめます。排水、貯水のサイクルを連続して数えることで、長時間続く雨量を測定しています。また転倒ますタイプは自動観測が可能なので、離れた場所での記録ができます。一般的な貯水型のタイプは、一定量の雨水が貯水容器に溜まる度に、手動操作で計量ますに移して測定します。人手が掛かり長時間の降雨や離れた場所での測定には不向きなタイプです。

観測装置の中の雨量計の設置について

雨量計などは何も障害物のない平坦な広い場所を選んで設置します。又雨量計を設置する場合近くに背の高い物があったら、その背の高い物の高さの4倍離れた場所に設置するようにします。その他にも色々な物があります。例えば日照系や風向風速計があります。温度計に湿度計などもあり学校でもよく、目にする百葉箱の中に設置してあって百葉箱は、扉を北側に向けて直射日光を避けるようにします。雨量計の場合平らで開けた場所が無い時は仕方が無いのでビルの屋上に設置する事もあります。でも理想は平坦で開けた所に受水口を低くして、降水補足が効率よく出来る様にして地面からの、雨水の跳ね返りを防ぐ為に受水口の周り1m四方に芝を貼って、良く芝を刈りこんで雨水の跳ね返りを防ぐように設置します。この他にも受水口の周りには雨水が大雨で流れ込まない様に排水路を巡らせます。

雨量計の必要性と活用方法

雨量計とは、降水量を計測するための機器です。受水器と呼ばれる漏斗状のものによって機器内に誘導された雨水の量を量ることで、降水量を計測することができます。入水器に電熱線や加熱油などのヒーターが内蔵されている雨量計を使用すれば、寒冷地において雪や霧なども計測することができます。天気予報に限らず、多くの用途に使用されています。その用途の中でも多くのウエイトを占めているのが防災気象です。河川の氾濫や、都市機能を麻痺させる局地的な集中豪雨など雨による被害は甚大なものとなる場合が多いです。これらを未然に防いだり、被害を最小限に食い止めるために活用されています。リアルタイムで監視するための集中監視システムなどを導入しているところを少なくありません。防災の防止と共に、土木建築、ダム管理及び農業など、水資源の有効な利用のためにも利用されていて私達にとって雨量計はなくてはならない存在です。